トップ / 金融機関の選び方とは

投資商品

投資の際の金融機関の選び方

期間限定で株などへの投資についての非課税制度であるNISAの開始やアベノミクスによる株式市場や不動産市場の活性化によって、多くの人が投資に対して興味を持つようになりました。しかし、その第一歩としてどの金融機関を使えばいいのかという疑問にぶつかることのなります。金融機関の選び方としては、インターネット上で評判のいいものを選ぶというのが単純でわかりやすいですが、必ずしも自分には向いていないという場合があります。そのため、自分が何を重視するのかを明確にして選ぶ必要があります。具体的には、専門家に相談をできるのかや手数料が安いのかが考えられますが、これらの中で何を大事にするのかを考えることで、自分向いたサービスを受けることができます。

賢い投資商品の選び方

金融商品は様々な商品があります。投資信託や、債券、株式、外国為替など、国内外を問わず、非常に多くの商品から選択可能です。無数の金融商品から自身に適した商品の選び方ですが、まずは、総資産の内どれだけをリスク性商品に振り分ける事が可能かどうかです。基本的に多くの商品には元本割れのリスクが伴います。全ての資産をリスク性商品に振り分ける事は危険です。次にどれ位のリスク許容度があるかを考える事です。リスクは少なく、確実性を取るなら、国債や投資信託、ハイリスク・ハイリターン商品なら株式等が選択肢とあがります。

↑PAGE TOP

© Copyright 安全な金融商品の購入方法. All rights reserved.