トップ / 私設年金はしておくべきか

投資商品

私設年金を蓄えるために

私設年金は自分で老後の為の生活費を蓄えていくものです。少子高齢化によって、公的年金の支給額は年々減少し、受給開始年齢も引き上げられており、老後の生活資金に不安を抱えている人が多くなっています。私設年金として利用できる金融商品は、株式投資や投資信託、外貨預金、外国債券の購入、FX取引などがありますが、高いリスクが伴います。そのため比較的リスクの低い不動産投資や税制優遇措置のある確定拠出年金が注目されています。

↑PAGE TOP

© Copyright 安全な金融商品の購入方法. All rights reserved.